LewisLeathers×PORTER

〝LewisLeathers×PORTER〟

Carrypak ¥39,000+tax
LewisLeathers製〝Carrypak〟(オートバイ用タンクバック)は1958年にD-Lewisのカタログに登場します。
発案したのはD-Lewisの長年のショップマネージャーであるWilliamKeatingでした。
1959年の1月同社はバッグの英国特許を申請し、Carrypakは1990年初頭までD-Lewisカタログに残っています。
今回、LewisLeathersではルイスレザーズ製Carrypakのオリジナルレーベルを再現すると共に、Porterの高い技術と共にアップグレードした
本格的なオートバイ用Carrypakを再現しました。
屋外での使用を想定し、表生地にはフェイクレザー、内装にはLewis Leathersならではの発色の良いレッドのキルティング生地を使用しています。Lewis LeathersのネームタグやAVIAKITネームも取り付けることでライダースジャケットに用いられる仕様をバッグに落とし込んだスペシャルアイテムです。キャリーパックはバイクへの取り付けはもちろん、付属のショルダーストラップを取り付ける事でショルダーバッグとしてもお使いいただけます。

ルイスレザーズ × ポーター
キャリーパック ¥39,000(税抜)
※バイクタンクへ取り付け時は磁石(付属)を使用。また風圧での吹き飛び防止のストラップが付属します。
※Carrypakはオーダー商品となります。ルイスレザーズジャパン 東京、大阪ショップ、全国のルイスレザーズ販売店にてオーダー受け付けます。
来年2021年1月頃の納品となります。