No.988 WESTERN JKT

WESTERN JACKETは1968年にカジュアルレンジの1つとしてリリースした事がカタログに残っている。
59CLUBが発行するマガジンにも当時掲載され注目を集め、とても着やすく夏のライディングに最適。レザーのカラーも選択できスマートで色々なスタイルに合わせやすいジャケットである。
このレザージャケットのスタイルはオーセンティックなウエスタンラインで、スナップ釦付きのポケットと美しいブラックサテンのライニングが配され、洗練されたデザインになっている。
¥154,000(税別)〜

No.439 EUROPA

1973年に共通するイメージを持つELECTRA(現在は生産中止)、EUROPA、CYCLONEが同時期に発売され、EUROPAは中位モデルとして親しまれました。ELECTRAにはフロントラベルが重なる部分にポケットが付くが、着心地を考慮してEUROPAをレザージャケットレンジに加えた。ショルダー、エルボーにはストレートステッチのパッドが装着され、スリーブ自体にも肩から袖口にかけて切り替え線が入っている。これらのディティールによって、直線が強調されたスタイリッシュなレザージャケットに仕上がっている。
¥175,000(税別)〜

No.443 SUPER PHANTOM

SUPER PHANTOMは1975年にラインナップに加えられた。レーシングスタイルでの実用性と、デザイン性を兼ね備えたシングルプレステッドジャケットで、着丈は若干長めに設定されている。フロントの左右に配置されているポケットが全体を引き締めており、マンダリンカラー(スタンドカラー)のバックにはヴィンテージ同様、コーデュロイが使用されている。タウンユースにも対応するスタイリッシュなレザージャケット。
¥175,000(税別)〜

No.448 MONZA

ダブルプレステッドのライダースジャケットの雰囲気はそのままに、マンダリンカラーとパッドが装着されたMONZAが1972年に登場。LIGHTNINGジャケット同様、サイドにはツインバックルが配され、ダイヤモンドステッチが施された各部のパッドが実用性を兼ねたアクセントになっている。スタンダードのダブルプレステッドジャケットとは一味違うものを求めるカスタマーに支持される1着。
¥175,000(税別)〜



No.392 STAR LIGHTNING

ルイスレザーズ永遠のスタンダードモデルLIGHTNINGに改良が加えられ、1977年にこのSTAR LIGHTNINGが登場。基本的なバランスはLIGHTNINGと同様だが、ショルダー、スリーブ、エルボーにパッドが装着され、パフォーマンスの向上が図られた。サイドのダブルストラップは後ろ側に回り込む。ファッション性と実用性を兼ね備えたモデル。
¥175,000(税別)〜

No.69ER EASY RIDER

アメリカで1969年に公開された映画「Easy Rider」で着用されたレザージャケットのストライプを、ルイスレザーズ流にアレンジしたSPORTSMANジャケットは、1973年にリリース。目を引く3色のストライプがフロントを横断し、同様のカラーストライプがスリーブにも配置される。フロントストライプのためポケットは片側のみ。しかし、ライニングに内ポケットが追加され、十分なキャパシティーを確保している。着丈の長いSUPER SPORTSMANでもEASY RIDERストライプもオーダー可能で、その場合ストライプはウエストバンドまでとなる。
¥177,000(税別)〜

No.69 SPORTSMAN

1968年に登場したSPORTSMANは、バイカーズウェアとしてもタウンユースとしても対応可能なスタイリッシュなシングルプレスジャケット。フロントの4つのボールチェーンジッパーポケットと、サイドのバックルがさりげなく英国の雰囲気を主張。また、スタンドカラーのバックサイドにはヴィンテージジャケット同様、コーデュロイが使用されている。1972年にはオプションとしてツインストライプがレザージャケットレンジに加わった。肩から袖口にかけて連続するツインストライプは、カスタマーの好みでカラーのコンビネーションオーダーが可能。スタンダードなブラックジャケットにはホワイトストライプ、ブルーやネイビージャケットにはイエローストライプなど。
No.69 SPORTSMAN ¥173,000(税別)〜
No.69S STRIPED SPORTSMAN ¥175,000(税別)〜

No.68 SUPER SPORTSMAN

SPORTSMANにウエストバンドが付け加えられ、レングスが長くなったモデルで、1975年にレザージャケットレンジに加えられた。バックの切り替えはスタンダードのSPORTSMANとは違い、CYCLONEと同様のデザインで、より引き締まったイメージとなっている。サイドのバックルはツインで、シングルプレスジャケットのスポーティーさと、英国の雰囲気が絶妙に混ざり合ったレザージャケットに仕上がっている。SUPER SPORTSMANはプレーンまたは好みの色でストライプを追加することが可能。
No.68 SUPER SPORTSMAN ¥173,000(税別)〜
No.68S STRIPED SUPER SPORTSMAN ¥175,000(税別)〜
 

No.393 PLAINSMAN

PLAINSMANは1960年代初期の頃にLewis Leathersからリリース。そのデザインは有名なウエスタン映画「荒野の7人」「バージニアン」などから影響を受けたと言われる。フリンジジャケットは1960年代に流行のディティールとなり、1969年の映画「Easy Rider」によってまた新たにフリンジジャケットが再登場し人気を博す。
手作業によってカットされたフリンジはボディーのフロントからバックにかけて、そして袖のアウトシームに配されている。2つのジッパー付きポケットと内ポケットが配されている。
¥175,000(税別)〜

Universal Racer Mk.2 Jacket

スーパーレアな50年代から60年代初期のジャケット、ユニバーサルレーサーマーク2を着用しているのは、台湾のルイスレザーズ取扱店、 “Thurs” のジュリアンさんです。先日のグランドオープンのレセプションパーティにもご出席頂きました。


このモデルはスティーヴ・マックイーンが映画『大脱走』の撮影でロンドンに長期滞在した際にDルイスのショップで購入したもので、彼がプライベートのレースで愛用していた一着です。

実は、ジュリアンさんのジャケットは現行の製品でダークブラウンのシープレザーで仕立てられています。


どうです、この長年着込まれたような佇まいは・・・
まるでビンテージのようで凄くカッコ良いですね!


彼曰く、洗濯機で水洗いして自分なりに加工したとのことです。
実物を拝見しましたが、もっともっと凄いオーラがありました!
シープレザーは革の内部に空隙(くうげき)が多いため大量に水を含むと縮みやすい素材です。お試しになる方はあくまでも自己責任にてお願いします。
Universal Racer Mk.2 Jacket
177,000yen(税別)
シープレザー:ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン
ホースレザー:ブラック、ブラウン
カウレザー:ブラック