Regular fit Jacket Styles

Donkey jacket
Iggy Pop Jacket
Sprint Shirt
UVR Jodhpurs

No.445 SUPER MONZA

1978年に登場したSUPER MONZAはルイスレザーズジャケットの中でもトップレンジの1つに数えられるポピュラーなモデル。バックに装着されたシャープなデザインのパッドと、ウエストベルトの切り替えがこのモデルの特徴で、着丈は長めに設定されている。身体に沿うボディシェイプがジャケットをよりスタイリッシュに仕立てている。スタンダートのダブルプレステッドジャケットとは一味違うものを求めるカスタマーに支持される1着。
¥175,000(税別)〜

No.60 CORSAIR

1962年に登場したCORSAIRは極力無駄を省きつつも、ルイスレザーズならではのディティールを落とし込んだレザージャケット。永年愛用するにはうってつけの1着。フロントのスナップボタンベルトが、モーターサイクル乗車時にジッパーでタンクを傷つけないようにガードしてくれる。サイドにはバックルが配されているため、ウエストのサイズ調整が可能。ライニングにはジッパー付きの内ポケットがあるので、十分なキャパシティーを確保。
¥173,000(税別)〜

 

No.641 MUDLARKER

MUDLARKER JACKETは’40年代後期のRoamer coated jacketをグレードアップさせたもので、1960年代にLewis Leathersのレンジとなる。
冷たい風や雨の侵入を防ぐ事など防寒に特化したデザイン。裏地は取り外し可能なレッドキルティングが付属し、外すと英国らしいタータンチェックの裏地が現れる。
バックスタイルは1つのパネルから構成されていて、これは切り返しによる針穴から雨の侵入を防ぐため。またポケットはフラップ&パッチポケットになっており本来はセパレートだがポケット上部とフラップを重ねて縫う事により雨の侵入を更に防ぐ。
カフスはダブルカフスでグローブ着用時に内のカフスと外のカフス間にグローブを装着できるようになっている。
センタージップはダブルジップが使用されてバイクの乗り降りを考えたディティール。
¥96,000(税別)〜

No.386 LUMBER JACKET

ランバージャケットはシングルセンタージップと2つの大きめなポケットが配され、内ポケットはジッパーで開閉可能。背中にはスマートなヨークが配され、調整可能なカフス、温かいTweedの裏地が配され、正真正銘の満足感と着心地を与えてくれる。
機能的なこのジャケットはD-Lewis LTDによって第二次世界大戦に製作される。ウエストバンドにはレザーとゴムベルトが配され調節可能。メインジッパーは全てFlash Zipperが付く。
¥177,000(税別)〜

No.385 COUNTRYMAN

カントリーマンジャケットは第2次世界大戦時にルイスレザーズのカタログに掲載される。2つの大きなポケットと内ポケットは全てジッパーが配されているのが特徴で、ウエストバンドはレザーとゴムバンドで腰にフィットし、ライニングは温かいツイードヨークが配されており、スマートで機能性を兼ね備える。
全てのジッパーはオリジナルのFlash Zipperをカスタムメードされた。またウエストバンドのゴムバンドもLewis Leathersのオリジナルで作製。レザーカラーはブラックかブラウンが選択可能。
¥177,000(税別)〜

 

No.414 ROADMASTER

ROADMASTERは1973年にリリースされ、ルイスレザーズの中の最高級のツーリングジャケットである。
70年代中頃にMK2バージョンがリリースされる。MK2は肩と肘にパッドが配されており、すぐにイギリスのパトロールオフィサーに採用される事となる。
現在はこの2型がオーダー可能。調整可能なスタンドカラーの内側にはコーデュロイが配されておりとても温かく高級感漂うデザイン。
Road Master Mk1 ¥187,000(税別)〜
Road Master Mk2 ¥189,000(税別)〜