NO.68L LADIES SUPER SPORTSMAN

SPORTSMANにウエストバンドが付け加えられ、レングスが長くなったモデルで、1975年にレザージャケットレンジに加えられた。バックの切り替えはスタンダードのSPORTSMANとは違い、CYCLONEと同様のデザインで、より引き締まったイメージとなっている。サイドのバックルはツインで、シングルプレスジャケットのスポーティーさと、英国の雰囲気が絶妙に混ざり合ったレザージャケットに仕上がっている。SUPER SPORTSMANはプレーンまたは好みの色でストライプを追加することが可能。
¥168,000(税別)〜

 

No.60L LADIES CORSAIR

1962年に登場したCORSAIRは極力無駄を省きつつも、ルイスレザーズならではのディティールを落とし込んだレザージャケット。永年愛用するにはうってつけの1着。フロントのスナップボタンベルトが、モーターサイクル乗車時にジッパーでタンクを傷つけないようにガードしてくれる。サイドにはバックルが配されているため、ウエストのサイズ調整が可能。ライニングにはジッパー付きの内ポケットがあるので、十分なキャパシティーを確保。
¥168,000(税別)〜

No.445L LADIES SUPER MONZA

1978年に登場したSUPER MONZAはルイスレザーズジャケットの中でもトップレンジの1つに数えられるポピュラーなモデル。バックに装着されたシャープなデザインのパッドと、ウエストベルトの切り替えがこのモデルの特徴で、着丈は長めに設定されている。身体に沿うボディシェイプがジャケットをよりスタイリッシュに仕立てている。スタンダートのダブルプレステッドジャケットとは一味違うものを求めるカスタマーに支持される1着。
¥170,000(税別)〜

No.441L LADIES CYCLONE

1973年に共通するイメージを持つELECTRA(現在は生産中止)、EUROPA、CYCLONEが同時期に発売された。CYCLONEはその中で最もシンプルなモデルであり、その端正なプロポーションは現代に於いても完成されたバランスと讃えられている。当時のライニングはニットナイロンが主に使用されていた。The ClashのMick Jonesや、The PretendersのChrissie Hynde、Johnny Thundersが着用していたことでも有名なモデル。
CYCLONEのレディースバージョンは、現代に於いて最もポピュラーなレザージャケットの1つ。オリジナルのディティールはそのままに、現代の女性にフィットする細身の美しいカットを新規に採用。オリジナルに比べショルダーが狭くなり、スリーブのシェイプもルイスレザーズのディティールで、独自のカーブを残しつつ実用性のあるタイトなラインに設定。
¥168,000(税別)〜

No.551L LADIES DOMINATOR

1962年頃にラインナップに加えられたDOMINATORは、パンクスの代名詞的存在であるSid Viciousが着用していたことからも根強く支持されているモデル。左右のチェストに付くジッパーポケットが、シンプルなデザインの中に主張を与えている。また、フロントのスナップボタンベルトは、モーターサイクル乗車時にジッパーでタンクを傷つけないようにガードしてくれる。サイドにはバックルが配されているため、ウエストのサイズ調節が可能。
¥168,000(税別)〜

No.393L LADIES PLAINSMAN

PLAINSMANは1960年代初期の頃にLewis Leathersからリリース。そのデザインは有名なウエスタン映画「荒野の7人」「バージニアン」などから影響を受けたと言われる。フリンジジャケットは1960年代に流行のディティールとなり、1969年の映画「Easy Rider」によってまた新たにフリンジジャケットが再登場し人気を博す。
手作業によってカットされたフリンジはボディーのフロントからバックにかけて、そして袖のアウトシームに配されている。2つのジッパー付きポケットと内ポケットが配されている。
¥170,000(税別)〜

No.402L LADIES LIGHTNING

No.402 LIGHTNINGは1977年にリリース。No.391 LIGHTNINGの後続モデルで、違いとして腰に配されたアジャストバンドがバックに付いている事、フロントにドットボタンが付きシンプルでクリーンな印象を与えてくれる。
No.402 LIGHTNINGは4番目のLIGHTNINGジャケットで、No.401(現在は生産中止)の次のモデル。著名な着用者は1977年のJoey Ramoneを筆頭に、Marky Ramoneが1978年のロンドンツアーと1979年の映画『Rock’n’Roll High School』でこのNo.402 LIGHTNINGを着用。
¥168,000(税別)〜

No.391L LADIES LIGHTNING

数多くのロックスターに愛される、ルイスレザーズ永遠のスタンダードモデル。4つのジップポケットとフロントに回り込むバックル、バックスタイルのデザイン、その全てがシンボルとなっており、まさに英国を代表するライダースジャケットと言える。着用者にはThe ClashのJoe Strummer、Paul Simonon、The DamnedのBrian James、Sex PistolsのSteve Jones、Johnny Rotten、The LibertinesCarl Barâtなど、そうそうたる顔ぶれが名を連ねる。1958年に誕生した歴史あるレザージャケット。
LIGHTNIINGのレディースバージョンは、オリジナルのディティールをそのままに、現代の女性にフィットする細身の美しいカットを新規に採用。オリジナルに比べショルダーが狭くなり、スリーブのシェイプもルイスレザーズのディティールで、独自のカーブを残しつつも実用性のあるタイトなラインに設定。ディティールバランスも全体的にスマートにモディファイされた新たなLADIES LIGHTNING。
¥168,000(税別)〜

Heroes Jacket by Itchy Scratchy Patchy x Lewis Leathers

ブランド名:Itchy Scratchy Patchy
2015年にロンドンを拠点に英国ロンドン出身のスーパーモデルEdie Campbell とChristabel MacGreevy (アーティストでもある)によってスタートしたブランド

5人の偉人女性からインスピレーションを受け、女性の強さや美徳を表す刺繍を施し、フェミニズム運動の意味を込めたルイスレザーズとのパワフルなコラボレーションジャケット。








日本販売店:Dover street GinzaとLewis Leathers Japan
名称::Heroes Leather Jacket
価格:¥450,000(税別)
Size : 32 , 34 , 36inch